キャラクターデータ作成の準備
ここではキャラクターデータ作成に入るまでの手順をファイルをダウンロードするところから説明しています。

◆きゃらポッドF(プログラム本体)をダウンロードする
上部メニューから「ダウンロード」をクリックしてダウンロードページを表示してください。ここできゃらポッドFの利用規約を良く読んで、プログラム本体をダウンロードして下さい。 「ダウンロード先を表示」をクリックするとダウンロード先リンクが表示されますので、クリックしてファイルをダウンロードして下さい。
ダウンロードするファイルの名前はCharaPodF_1.00.zipとなっているはずです(1.00の部分はバージョンが上がると変更されます)。

ダウンロード


◆ファイルを解凍する
ファイルがダウンロードできたらそのファイルを解凍して下さい。解凍するとフォルダ内部は下記のような構成になっています。
Characters
キャラクターデータを格納するフォルダです。
サンプルデータ
スクリプトの機能を簡単にまとめたサンプルデータが入ったフォルダです。
CharaPodF.exe
きゃらポッドFのプログラム本体です。
readme.txt
きゃらポッドFの説明や利用規約が記載されています。
script.txt
スクリプトの仕様書です。ドキュメントページとほぼ同じ内容です。

ファイルを解凍する


◆きゃらポッドFを起動してみる
CharaPodF.exeをダブルクリックするときゃらポッドFが起動します。
初回起動時は下記のような画像が画面に表示されます(バージョンなどによって画像と異なる場合がございます)。マウスでドラッグしたりマウスの右クリックで拡大・縮小等のメニューを選択して色々と遊んでみて下さい。
※一度起動するとParamsと言う名前のフォルダが作成されます。これはきゃらポッドFのアプリ設定やキャラクターの位置情報等を記録しているファイルが格納されています。このフォルダを削除するとアプリ設定が初期化されます。

きゃらポッドFを起動してみる


◆キャラクターデータ作成の準備をする
Charactorsフォルダをダブルクリックして開くと、「サウンド風船」と言う名前のフォルダ(バージョンなどによって名前が異なる場合がございます)が表示されます。これは先ほど画面に表示されていた画像のキャラクターデータです。ここでCharactorsフォルダ内にキャラクターデータを格納するフォルダを作成します。マウスを右クリックしてポップアップメニューから「新規作成(W)」→「フォルダ(F)」で新規フォルダを作成して任意の名前を付けます。ここでは「Tanpopo」と付けています。

フォルダを作成


次に下記のフォルダとファイルを「Tanpopo」フォルダ内に作成します。
Cursors
カーソルファイルを格納するフォルダです。
Images
画像ファイルを格納するフォルダです。
Scripts
スクリプトファイルを格納するフォルダです。
Sounds
サウンドファイルを格納するフォルダです。
config.ini
基本情報を設定するファイルです。
※config.iniファイル等の作成方法がわからない場合はサンプルデータからコピーして下さい。

フォルダと設定ファイルを作成



以上で「キャラクターデータ作成の準備」のチュートリアルを終了します。
基本情報(config.ini)を設定する」へお進み下さい。




↑このページのトップに戻る