バルーンイメージレイヤー関数
この関数はバルーンモーション関数の一部分を画像合成して変更することが出来ます。バルーンオーダー関数で指定することで合成が可能になります。フレームレートはモーション関数と同じです。

<sample.func バルーンイメージレイヤー関数の例>
<FUNC_BALLOON_IMAGE_LAYER_REG>
    <SET_CONFIG>
        FuncName = BIL_Part
        ImageName = part.png
        Width = 33
        Height = 24
        PosX = 20
        PosY = 20
    </SET_CONFIG>
    <SET_PARAM>
        0, 0, 0, 0, 2
        Width*2, 0, 0, 0, 30, sound.wav, fix.png
    </SET_PARAM>
</FUNC_BALLOON_IMAGE_LAYER_REG>

[ バルーンイメージレイヤー関数 項目説明 ]
項目名 説明
<FUNC_BALLOON_IMAGE_LAYER_REG>
</FUNC_BALLOON_IMAGE_LAYER_REG>
バルーンイメージレイヤー関数の開始終了を指定します。
<SET_CONFIG>
</SET_CONFIG>
この項目名で囲まれた部分でバルーンイメージレイヤー関数の基本情報等を設定します。
<SET_PARAM>
</SET_PARAM>
この項目名で囲まれた部分でバルーンイメージレイヤーの処理をフレーム単位で設定します。
FuncName バルーンイメージレイヤー関数の名前を設定します。
ImageName 使用する画像ファイルを設定します。対応フォーマット:PNG、TGA
Width 表示する画像の幅を設定します。一緒に使用するバルーンモーション関数で設定された画像の幅を超えるとエラーになります。
Height 表示する画像の高さを設定します。一緒に使用するバルーンモーション関数で設定された画像の高さを超えるとエラーになります。
PosX 一緒に使用するバルーンモーション関数で設定された画像の左上を原点として、レイヤー画像を表示するX座標を設定します。
PosY 一緒に使用するバルーンモーション関数で設定された画像の左上を原点として、レイヤー画像を表示するY座標を設定します。

■<SET_PARAM>について
<SET_PARAM>について
左から順番に
  1. 指定画像の読込む位置のX座標。<SET_CONFIG>で指定されたWidthとHeightを使用することが出来ます。また、*(乗算)、+(加算)、-(減算)が出来ます。
  2. 指定画像の読込む位置のY座標。<SET_CONFIG>で指定されたWidthとHeightを使用することが出来ます。また、*(乗算)、+(加算)、-(減算)が出来ます。
  3. X方向に毎フレームどれだけ移動するかをピクセル単位で指定します。
  4. Y方向に毎フレームどれだけ移動するかをピクセル単位で指定します。
  5. 指定された状態で実行(表示)するフレーム数。次のバルーンに変わるまで処理はループします。
  6. ここは画像または効果音をフレーム単位で指定します。画像・効果音どちらでも指定可能。省略可能。効果音(対応フォーマット:WAV)を指定した場合は指定されたフレーム数の一フレーム目だけ指定されたサウンドが鳴ります。バルーンモーション関数で設定した効果音と鳴るタイミングが被ると、バルーンモーション関数の効果音が消され、こちらのサウンドが優先されます。画像名(対応フォーマット:PNG、TGA)を記述した場合はその行のフレーム数はその画像が適用されます(<SET_CONFIG>で指定した画像以外でも使える)。次の命令からは<SET_CONFIG>で設定した画像に戻ります。ただしCONFIGで設定した画像サイズ(WidthとHeight)を下回るサイズの画像は設定できません。
  7. 6.と同じ。但し省略しない場合は、6.で画像を指定した場合は効果音を、効果音を指定した場合は画像を指定しなければなりません。





↑このページのトップに戻る